ZAPAnet総合情報局 > ドラクエ6攻略Wiki > SFC版からの変更点

ドラクエ8(3DS版)攻略Wiki

SFC版からの変更点

TOP

※ネタバレ→と書いてある項目は、文をドラッグすることで読むことができます。

SFC版からDS版にリメイクされた際に変更された点

  • 今回のリメイクでは、3,4,5等過去作品のリメイクに比べるとシステム面で根本的に変わった部分がある一方で、イベント面の変更点は非常に少ない。

システム全般

  • フィールド・街・ダンジョンなどの面積が減り、フィールドを除くほぼ全部のマップが3Dになった。また、所々で教会や道具屋等の施設が移動されている場所もある。
    • ラストダンジョン周辺のフィールドのマップは、通常のフィールドのものから、街と同じタイプになった。
      「なげきのろうごく」へルーラで飛んで行くと、外ではなく内部(の入口前)に着地するようになっている。
  • 一部地域の熟練度が上がる上限レベルが変更された。
  • 斜め移動が可能になった(DS版DQ4,5と同様)。
  • メッセージ、メニューコマンドのウィンドウが半透明になった(DS版DQ4,5と同様)。
    • メッセージウィンドウは、全ての場合において下部に表示されるようになった(SFCでは、場面によっては上部に表示される場合もあった)
  • BGM、SEの変更。
    • 多くのBGMが交響組曲版に近づくようアレンジされている(他リメイク作品と同様)。
    • エンカウントの際に鳴る短いSEは削除された。
    • だいじなものや、カジノ以外の景品のアイテムを手に入れた際のSEが、DQ5のものと同じになった。
    • マーメイドハープ使用時のSEが、常にフルバージョンになった。
    • クリアベールの教会やフォーン城の鏡の間で「哀しみのとき」が流れなくなった。
  • タイトル表示時に流れる「序曲のマーチ」は、東京都交響楽団が奏でるオーケストラのバージョンになった。
    • エンディングの最後にも同じ曲が流れるが、そちらのものも同じバージョンに変わっている。
  • 呪文と特技のエフェクトは、ほぼDS版DQ4,5に準じたものになっている。
    • かえん斬りなどの魔法剣や、ビッグバンやぱふぱふ等のDQ6以外の天空編では存在しない特技については、エフェクトが新たに作られている。
  • 世界地図はフィールドに出ると最初から上画面に表示され、上下世界ともに今までに行ったことのがない場所はグレーで表示され、訪れるとそのエリアに色が付くタイプになった(DS版DQ4,5と同様)。
    物語終盤で訪れるはざまの世界にも、世界地図が追加された。
  • イベントでルーラの行き先に「べっせかいへ」が追加され、井戸や階段へ行かなくても、上下世界を直接往来できるようになる。
  • インパスを誰かが習得していれば、MPを消費せずにアイテムの鑑定が可能になった(DS版DQ5と同様)。
    • SFC版ではアイテムの鑑定にもMPを消費したが、今回は「どうぐ」からアイテムを選び、「インパス」のコマンドを実行するとMP消費なしで鑑定できる。このコマンドは、習得者が死亡していても実行可能。
  • カジノのスロットマシーンのシステムが変更。1コインがDQ4、10、100コインがDQ5と同様のものになる。リーチアクション機能削除。
  • カジノのポーカーの役が多少変更。
  • SFC版における「シエーナ」の町が、「マルシェ」に名称変更。
    • イタリアの「シエーナ歴史地区」が1995年に世界文化遺産に登録されたため、あるいはレイドック王妃の名「シェーラ」と混同しやすいためだと考えられる。
      因みに「マルシェ」とはフランス語で「市場」の意味。
    • 他に旅の洞くつが旅人の洞くつになるなど細かい地名変更がある。
  • サンマリーノ町長のメイドの名前が、サンディからメラニィに変更。
    • ドラクエ9のメインキャラであるサンディと被る為。
  • ミレーユの第二の肩書きが「テリーのねえさん」から「テリーのあね」に、アモスの肩書きが「むらのえいゆう」から「まちのえいゆう」に変更。
  • 仲間モンスターの耐性が、敵の場合と同じになった。
    • これにより、ドランゴの耐久が大幅に強化された。
  • スライム格闘場のハンディ戦でHP、MPの最大値も半減するようになった。これによりベホマでの全回復が不可能に。
  • 種・木の実を使用した際に表示される上昇値のメッセージが「無職時の上昇値」になった。
  • テリーの初期レベル・職業熟練度が底上げされた。
  • SFC版では死にステだった「かしこさ」が、呪文の威力に影響するようになった。
  • 海底宝物庫の兵士のシンボルが、1人から2人に。戦闘に入れば同じ。
  • 天馬の塔の最上部へ向かう足場が、梯子からリフトに変更。
  • 牢獄の街の道具屋で飲ませてくれる飲み物がぶどうジュースに変わっている(未成年の飲酒に対する配慮?)
  • エンディングで各地を回る際にその場所を出て次の所へ向かおうとすると、確認が入るようになった(リメイクDQ5と同様)。
  • エンディングのレイドック城アモスドランゴ等の通常キャラクターに加え、仲間スライムも登場する。
  • エンディング後にセーブ確認画面が表示されるようになった。
    • セーブしても(他の作品と同様)物語上はED前に戻るが、※ネタバレ→ダークドレアムを20ターン以内に倒した場合でも「はぐれのさとりを手に入れてセーブ」ができるようになった。
  • 隠しダンジョンへ入る条件から、「全職業★5(6)以上」が削除(「一度クリアしてエンディングを迎える(冒険の書に★がつく)」のみになった)。
  • ※ネタバレ→デスコッドに登場するキャラを、DQ4やDQ5のキャラとモンスターだらけのもの(SFCと同じ)の3つの中から選択が可能(一度選ぶと変更不可)。
  • ※ネタバレ→主人公らの代わりにダークドレアムに倒された時のデスタムーアの断末魔の台詞が、主人公らが倒した場合と同じになった。

ストーリー、アイテム関連

  • ヘルクラウド城での3連戦で負けても、伝説の武具を取り上げられない。
  • 一部のアイテム(再入手が不可能な装備品)が売れなくなった。
    • いかずちのつえ、てんばつのつえ、デーモンスピア、やいばのよろい、ひかりのドレス
  • エンデの兜から攻撃呪文耐性が消滅*1
  • ときのすなが何度でも使用できるようになった。

戦闘関連

  • HPが0になった時のメッセージが、「○○は しんでしまった!」から「○○は ちからつきた!」に変更された。
    • DS版DQ5でも同様。但し、ザキ系呪文やメガンテによる一撃死の場合は変更なし。
  • 全ての雑魚モンスターのHPが2割減り、逆に獲得EXPとゴールドが2割増加している。その代わり、素早さも少し上昇している(当社比)。
  • ラーのかがみを戦闘中に使用すると、敵が唱えたモシャスの効果が解けるようになった。
  • 特技「しょうかん」で召喚した精霊が倒されても再召喚が不可能に。(一応メガザルで復活は可能)
  • 「じごくのもんばん」と「ヘルビースト」が消滅した。*2
  • 一部のモンスターの体色が変更。全体的に、シリーズの新しい作品のものに準拠。
    • スライムベホマズン(赤紫色→他作品と同じ黄緑色)。
    • ミミック(茶色→他作品と同じ黄緑色)。
    • パペットマン(深緑色→DQ7以降と同じ赤色)。
    • ツボック(灰色→DQ5と同じ赤色)。
    • いどまねき(オレンジ色→緑色)。
    • ランプのまじん(雲の色が灰色→ピンク色)。
    • しれんその2(ダークホーンと同色→ちんもくのひつじと同色)。
    • グラコス(緑色→DQ7のグラコス5世と同じ紫色)。
  • どくがのナイフや、デーモンスピア等の追加効果を持つ武器で攻撃しても、その効果に完全耐性を持つモンスターに対しては効果が効かなくなった(DQ7,8と同じ仕様に)。
    • 例1:メタル系スライムがどくばりの一撃死で倒せなくなった。
    • 例2:エッチなしたぎを装備しても、休み系が効かないモンスターが見とれる事はない。
  • マダンテの威力が全MPの2倍分(DQ8と同様)に弱体化。
  • すてみに最速行動(しっぷうづきより速い)の効果が追加。
  • ひゃくれつなめの属性がルカニ系から1ターン休み系に変更。
    • これにより、メタルスライムが大幅に倒しやすくなった。
  • アストロンの効果が3ターン持続から1ターンに。 SFC版でも1ターン。
  • デスタムーア戦にて、みぎてがひだりてにザオラルを使うようになった(本体に対してはSFCでも使用)。
  • 山彦の帽子を装備してミナデインを唱えても2回発動しなくなった。
  • AI戦闘の仕様が変更。戦闘中に使用できる道具を持っていれば使うことがある。
  • SFCでは必ず成功していた敵が使う一部の特技が、味方と同様失敗する場合がある。
    • うごくせきぞうやだいまじん等のじひびきや、サタンジェネラル等のひばしら、キラーウェーブ等のつなみなど。
  • 「おいかぜ」の仕様が変更。あまいいき、やけつくいき、どくのいきを跳ね返せるようになった。
    • 但し、もうどくのきりはSFC版と同じく跳ね返せない。
  • 一部の呪文・特技を使用した際のメッセージが変更。
    • マジックバリア:「○○たちはじゅもんがききづらくなった!」が追加(SFCでは何もなし)。
    • グランドクロス:
      (SFC)「○○はいのりをこめてじゅうじをきった!」「しんくうのやいばがきょだいなじゅうじかとなって△△たちをおそう!」 →
      (DS)「○○はグランドクロスをはなった!」「せいなるしんくうのやいばが△△たちをおそう!」
    • ジゴスパーク:「じごくのいかずちがあたりをなぎはらう!」の部分が削除。
    • メガザルダンス:失敗時に「しかしうまくいかなかった!」が追加(SFCでは何もなし)。
  • デスタムーアの形態変化の態様がSFC版と比べて大幅に変更。
    • また第1、2形態を倒してもその度に「デスタムーアをやっつけた!」と表示されず、すぐにデスタムーアがそれごとの台詞を言って形態変化する。
  • ※ネタバレ→ダークドレアムのグラフィック(戦闘時のポーズ)がDQ9と同じものに変更された。

DS版で削除された機能、バグ

  • モンスターを仲間にするシステム。
  • おもいだす系の特技。
    • おもいだす、もっとおもいだす、ふかくおもいだす、わすれるの4種。
      • 不思議な洞くつ等、ヒント記憶の必要性があるダンジョンは、仲間会話で補完する形になっている。
  • 無気力状態でスライム格闘場でハンディ戦を行うとHPが0になって無敵状態になるバグ
    • 出場自体出来なくなった。
    • ちなみに最大HP1のキャラ(Lv1はぐりん等)でハンディ戦を行うとHP1で出場になる。
  • オーガシールドをおしゃれなかじやで鍛えた後、道具画面で使うとスフィーダのたてと同じメッセージが出るバグ。
    • 但し、守備力もスフィーダのたてと同じになるバグは何故か消えていない。
  • オルゴーのよろいをおしゃれなかじやで鍛えると、耐性がなくなるバグ。
    • 耐性はそのままで守備力が上がる。
  • 人間キャラクターから呪文耐性や一部異常耐性が消滅した。

 

*1 SFC版攻略本のミスで、元から耐性はない
*2 両方ともムドーの城でエンカウントするが、両方ともボス敵の扱いで、図鑑には載らない。