ドラクエ8(3DS版)攻略Wiki

戦士

TOP

特徴

  • 強い力を生かした戦いが得意。
  • 基本職では唯一HPやちからが上がるので、転職可能になってからしばらくは武闘家と共に戦闘の中心的存在になる。

覚える特技

  • きあいためやしっぷうづきは戦略に役立つ。
  • マスター時に習得するまじんぎりはメタル狩りに有効だが、成功率は低め。
熟練度職業レベル覚える特技戦闘回数合計
みならい---
★★しゅぎょうちゅうきあいため1010
★★★いっぱし-1020
★★★★ベテランもろばぎり1535
★★★★★すごうでしっぷうづき2055
★★★★★★たつじんみなごろし3085
★★★★★★★けんごうはやぶさぎり30115
★★★★★★★★ソードマスターまじんぎり35150

特技

きあいため (熟練度★★)
「ちからため」と同じく物理系攻撃のダメージを2〜2.5倍にする。
しかし、こちらは次のターンに繰り出す物理攻撃が決してミスにならなくなる追加効果があり、ちからためより優秀。
まじんのかなづちのデメリットも無効化する他、物理回避率が高い敵、マヌーサやすなけむり対策にも有効。
もろばぎり (熟練度★★★★)
通常の1.5倍のダメージを与えるが、自分も与えた分の1/4分をダメージとして受けてしまう。
バイキルトや前述のきあいためと併せて使うとより大きなダメージを与えられるが、その分自分の被ダメージも大きくなるので、使う際はリスクを考えたい。
しっぷうづき (熟練度★★★★★)
威力は通常の約0.8倍になるが、素早さに関係なく必ず最初に攻撃できるのが利点。素早さが低めのキャラにはありがたい。
HPが残り僅かの敵へのとどめとして使うと効果的。
攻撃力がある数値を上回れば、守備力999のメタル系でさえこれで一溜りもなく倒せる。但し、その頃には相当な高レベルになっていると思われる。
みなごろし (熟練度★★★★★★)
自分も含めた敵・味方全員からランダムで1体に会心の一撃と同等のダメージ。
対象を選べない上に自分にも当たるというリスクも伴う為、ほぼ使い物にならないだろう。
はやぶさぎり (熟練度★★★★★★★)
敵一体に、通常の0.75倍の威力の攻撃を2回連続で繰り出す。
ばくれつけんと違い対象を選べるのもメリットであり、実質的に1.5倍のダメージを与えられる優秀な特技。
バイキルト+きあいためと合わせれば与ダメージは格段に大きくなり、ボス戦で鬼神の如き強さを発揮する。
せいけんづきが当たらない敵に対してとても有効。
なお、バイキルト等の攻撃力増加の対象となるのは最初の一撃のみなので注意。
まじんぎり (熟練度★★★★★★★★)
当たれば、会心の一撃と同等のダメージを与える。
守備力の高い敵や、HPが高いメタルキングに対して有効。但し成功率は1/3と低いのが玉にキズ。

能力値

  • HPと力が上がるが、素早さとMPは大幅に下がる。
能力値増減(%)
ちから+10
すばやさ-35
みのまもり0
かしこさ-30
かっこよさ0
さいだいHP+10
さいだいMP-60

上級職

関連ページ