ドラクエ8(3DS版)攻略Wiki

踊り子

TOP

特徴

  • さまざまな効果のある踊りで戦闘をサポートする。すばやさが大きく上昇するのも見逃せないポイント。
  • 職業固有特殊パラメータ:敵の攻撃をかわしやすい

覚える特技

  • 踊り子だけあって、覚える特技はダンス系のものばかり。
  • 成長速度は非常に早く、全部の職業中で最速。
熟練度職業レベル覚える特技戦闘回数合計
どさまわりさそうおどり--
★★ぜんざみかわしきゃく55
★★★ステージデビューふしぎなおどり1318
★★★★バックダンサーメダパニダンス2038
★★★★★おひねりうけながし1553
★★★★★★はくしゅかっさいおどりふうじ2982
★★★★★★★トップダンサーマホトラおどり1597
★★★★★★★★かみのおどりてしのおどり23120

特技

さそうおどり (熟練度★)
あしばらいと同じく敵1体にしか効果が無く、全体対象の「おたけび」に使用機会を奪われがち。
一応、物理系攻撃の判定に左右されないという利点はあるが…。
みかわしきゃく (熟練度★★)
1/2の確率で物理系の判定がある攻撃をかわす事が可能。
…なのだが、正直こんな特技を使っている暇があったらさっさと攻撃した方がよほどマシである。
恐らく最も使われないであろう特技の一つ。
ふしぎなおどり (熟練度★★★)
敵1体のMPを5〜11減らす。
DQ5と違って減少させる量に差がさほどないものの、MPが高い敵はこの特技1回で無力化させるのは困難。
やはりこんな特技にターンを費やすのなら、素直に攻撃した方がよほどマシであろう。
メダパニダンス (熟練度★★★★)
序盤から中盤にかけては混乱に耐性が低い敵が多く、猛威を振るう。
終盤は状態異常の多くに耐性を持つ敵が多くなるため使いにくくはなるものの、数少ない使える踊り系の特技の一つ。
うけながし (熟練度★★★★★)
敵側にダメージを転嫁する事が出来るが、自分や味方にも2/5の確率で当たってしまう(失敗)場合もある。
一応、海底宝物庫のキラーマジンガとガーディアンや、裏ダンジョンの後方狙いばかりする敵への対抗手段として使えない事もないが、
味方に当たる確率もそこそこ高いというリスクを踏まえれば、活躍する機会は極めて少ないだろう。
おどりふうじ (熟練度★★★★★★)
習得時は空気のような存在の特技だが、
イーブルフライとしれんその1のメダパニダンスや、しのおどりを使うホロゴーストに有効。
踊り系特技は味方の成功率はさして高くなくても、敵に使われると思わぬ痛手を受ける事が多い。 素早い仲間に覚えさせておくとベスト。
マホトラおどり (熟練度★★★★★★★)
マホトラの呪文に耐性を持っている敵からも必ずMPを奪い取れる。
一応使える特技ではあるが、やはり影が薄い。
しのおどり (熟練度★★★★★★★★)
消費MP0のザラキーマとも言える特技だが、効きやすさはザキの半分程度と低い。
ザキ系に無耐性の敵にも効かない事が多いので、はっきり言って使える特技とは言い難い。
但し敵(ホロゴースト)が使ってくる場合は、やたら成功率が高いので非常に危険。やはり味方は使いにくいが、敵に使われると厄介な特技。

能力値

  • 素早さが大きく上がるが、逆に力、身の守り、HPは大きく下がってしまう。
  • 基本的に馬車推奨だが、魔法使い遊び人よりはマシで、みかわし率が高いこともあり最後衛なら戦えなくもない。
能力値増減(%)
ちから-30
すばやさ+30
みのまもり-40
かしこさ0
かっこよさ+10
さいだいHP-30
さいだいMP-20

上級職

関連ページ