ドラクエ8(3DS版)攻略Wiki

スーパースター

TOP

転職条件

特徴

  • さまざまな芸で戦闘をサポートする。全職業中で最高のかっこよさを誇る、あこがれの職業。
  • 職業固有特殊パラメータ:敵が見とれる事がある
  • 職業マスターボーナス:かっこよさが20アップする

覚える特技・呪文

熟練度職業レベル覚える特技・呪文戦闘回数合計
つきびとまぶしいひかり--
★★レッスンちゅうアストロン1010
★★★デビューいなずま1525
★★★★ニューフェイスメガザルダンス1540
★★★★★アイドルスターぶきみなひかり3070
★★★★★★えんぎはハッスルダンス40110
★★★★★★★アカデミーしょうムーンサルト50160
★★★★★★★★シネマのほしせいれいのうた60220

特技・呪文

まぶしいひかり (熟練度★)
敵全体に効果があるものの、効果は1〜2ターンと呆れるほどに短い。習得できる頃には恩恵はほぼ無い。
盗賊の職で覚えられる「すなけむり」の影に隠れてほぼ使われない。
アストロン (熟練度★★)
1ターンの間味方全員が動けなくなるが、同時にいてつくはどうを除くすべての攻撃を無効にする。
しかも、味方が使う場合は素早さに関係なく必ずターンの最初に発動するのが大きなメリット。
今作においてはローテーションである程度決まった行動をしてくるザコやボスが多いため、相手の行動さえ読めば戦闘をとても有利に進められる。
いなずま (熟練度★★★)
敵全体に40〜50のイオ系ダメージ。
DQ5に比べてダメージが下がってはいるが、ひばしらやじひびきと違い必ずどこでも成功するのでそれらよりは幾らかマシな部類。
HPが残り僅かの敵のとどめや、敵の数が多い時の間引きにでも。消費MP0で使えるのも特徴。
メガザルダンス (熟練度★★★★)
メガザルの呪文と違ってMPは消費しないが、1/2の確率で失敗し、その場合も使用者は死亡するという危ない制約付き。
絶体絶命のピンチの際にこれを当てにするのはとても危険。素直に、呪文や世界樹の葉などの道具を使う事。
ぶきみなひかり (熟練度★★★★★)
敵グループの呪文への耐性を下げる。
マジックバリアへの対抗手段ではあるのだが、ザキ系属性の為、耐性を持っている相手には効果は無い。
相手への有利な効果の解除は、素直にいてつくはどうを使っておくべし。
ハッスルダンス (熟練度★★★★★★)
味方全員のHPを70〜80回復。ベスト3に入る習得必須の特技。
ゲントの杖や賢者の石と並ぶ、MP消費せずに使える貴重な回復手段。
終盤や裏ダンジョンにかけては、MPを消費せずに回復できる手段が無いと段々攻略が難しくなる。
最低でも1人(終盤までには2人推奨)には覚えさせておきたい。
ムーンサルト (熟練度★★★★★★★)
敵全体を攻撃する。
さみだれけんと違いこちらは物理攻撃系の特技の為、全てのモンスターに対して有効なのがありがたい。
1体当たりに与えるダメージは相手の数に反比例し、合計倍率は通常の2倍となる。
一度に多くの敵が相手の際に使うよりも、少ない場合ほど威力を発揮するので、その点に注意して使っていけば非常に強力な攻撃技になる。
もちろん、殆どが1体であるボス戦でとても有効。
せいれいのうた (熟練度★★★★★★★★)
仲間全員を蘇生させるという点でメガザルやメガザルダンスと似ているが、
こちらは消費MP20と高コストな上に、蘇生の確率も1/2という制約付き。しかも蘇生するのは次のターンなので、
ボス戦などの緊迫した状況では、とてもこの特技を当てにしてなどいられない。素直に呪文や道具を使うべし。

能力値

  • 全体的に能力が下がる。下降率は一応低めで収まっているが、
    戦闘に関わる能力値はすべて無職の方が強いので、使うなら「敵がみとれる」可能性に賭けることになる。
  • 遊び人の完全な上位職。踊り子とは、すばやさでだいぶ差をつけられている(あちらは+30%)他、職業固有パラメータにも違いがある。
能力値増減(%)
ちから-20
すばやさ-10
みのまもり-10
かしこさ0
かっこよさ+15
さいだいHP-20
さいだいMP-10

関連ページ